給湯器・トイレの交換なら神奈川と静岡のアクアプロワンHome >トイレのリフォーム > トイレ交換のチェックポイント

トイレ交換のチェックポイント

◇トイレの種類

トイレは大きく分けて2種類あります。
便器+タンク+便座を組み合わせて選ぶ組み合わせトイレと、すべてが一体になっている一体型トイレです。
また、便器のみ、便座のみの工事も対応しております。 便器のみリフォームして、お手持ちの便座の取付もお任せ下さい。

組み合わせトイレ

もっとも一般的なのが組み合わせトイレです。

便器はTOTOピュアレストQRまたはINAXアメージュZで組み合わせています。
ピュアレストQR・アメージュZともに、節水・汚れにくい・お掃除カンタンを重視した技術がつまった便器です。
組み合わせる温水洗浄便座は、TOTOウォシュレットまたはINAXシャワートイレになります。
※普通便座、暖房便座、パナソニック温水洗浄便座も取り扱っています。

一体型トイレ

タンクが目立たないデザインのものと、タンクレスタイプがあります。

見た目がオシャレで、凸凹が少ないのでお掃除がラクです。

タンクがない分、トイレを広く使えます。

◇現在ご使用中のトイレの排水方式をご確認下さい。

一般的に普及しているトイレの排水方式は、床排水と壁排水の2タイプに分かれます。
一戸建ては床排水ですが、マンションの場合床排水と壁排水があります。

和式トイレから様式トイレのリフォームの追加工事費

平便(フラットな床)の場合、+50,000円より
汽車便(段差のある床)の場合、+100,000円より
洋式トイレへのリフォームできます。

床排水

一戸建て・マンション

床方向に排水。

便器の奥に太い排水管はありません。

壁排水

マンション

壁方向に排水。

便器から壁に向かって太い排水管がでています。

排水芯200mm

新築・リフォーム向け

新築または平成7年以降に設置されたトイレのリフォーム

平成7年頃より主流になった排水芯200mmの固定式です。

排水芯可変式

リフォーム向け

築10年~30年でのトイレのリフォーム

さまざまな排水芯がありますが、リフォーム専用便器を利用することで床工事をせずに便器交換ができます。

排水高120mm

リフォーム向け

床から排水管中央までの高さ(距離)が100mm~120mmのトイレのリフォーム

120mmは現在主流のタイプです。

排水高155mm

リフォーム向け

床から排水管中央までの高さ(距離)が148mm~155mmのトイレのリフォーム

以前の公団住宅に多いタイプです。155mm専用モデルをお選び下さい。

▲Go to TOP